あなたのアウトレット活用を手助けする総合情報サイト

>

見切り品と訳あり商品の違い

見切り品の賢い利用法

賞味期限と消費期限がありますね。賞味期限はこの期日までに食べるとおいしいですよという期日ですね。消費期限はこの期日までに使い切ってくださいという期日です。

これらの期日はもちろん、安全率を考えて決められていますから、期日を越えた翌日にまずくなるとか、腐ってしまうなどということはありません。ですから、1週間程度すぎても問題がないというのが通常です。

従ってアウトレットで見切り品を狙うというのは賢い利用法といえます。生ものなども見切り品を手に入れて、冷凍しておくという手もあります。あるいは発酵食品などは、自分で少し手を加えて、さらにおいしくということもできますね。こうした見切り品などを自分で調理しなおすというのも、趣味のグルメとしてアウトレットの賢い利用法ですね。

アウトレット食品の通販

アウトレット食品の通販には、「訳あり屋」とか「訳ありアウトレット」といったお店があります。これらのお店は、たいていヤフーや楽天の通販サイトにも店を出していますから、自分が普段使っているモールのサイトを見てアウトレット食品の通販を利用することもできます。「訳あり屋」は、食品メーカーの過剰在庫品などを買い取って、自分の店で訳あり商品として安値で売り出しているものです。「訳ありアウトレット」の方は、食品ばかりではなくて、日用雑貨も扱っています。

こうしたアウトレット食品通販で買い物をすると、宅配という気安さも手伝って、つい買いすぎてしまうきらいがありますね。そんな時には冷凍庫に入れて保存するようにしましょう。


この記事をシェアする