あなたのアウトレット活用を手助けする総合情報サイト

>

特殊な訳あり商品

生ものとアウトレット食品

見切り品などのアウトレットで、肉や魚などの生ものですと、これから食材に手を入れて調理しますから、形の悪さなどはあまり気になりませんね。いずれにしても家庭で食べる分には、少々の形の悪さは気になりません。

魚の切り出しやパンの耳なども料理が趣味の人にはいい材料ですから安値で手に入るものを賢く利用しましょう。チーズや生ハムといったものもアウトレットを利用するとよいですね。生ハムなどの切り落としが、最高の味ですが安値で手に入ります。

フランス風に煮込みの料理を作るのなら、野菜もそんなに形が悪いのは気になりません。気軽に注文して新鮮な野菜や肉や魚が、自宅まで届けられますから、賢く利用して料理を楽しみたいものです。

アウトレット食品豆知識

アウトレットは、アメリカから始まったもので、ファクトリーアウトレットとリテールアウトレットがあります。メーカーが自社製品を安値で売るものと、小売店が自分で仕入れた製品を安値で売るものですね。最初は在庫処分が主な目的でしたが、訳あり品なども売られるようになりました。

そうしたトレンドが食品業界にも流れてアウトレット食品が出てきました。もちろん昔から、せんべいなどの形が崩れたものを安くメーカーが売ってはいましたが、これはアウトレットとは言いませんでしたね。

そして現代のようにアウトレットが一つのマーケッティングの手法にもなってしまいました。理由は何であれ私たち消費者にとっては、良い製品が安く手に入るということはよいことですね。


この記事をシェアする